ヒアリ

今回は今話題になっている「ヒアリ」について書いてみたいと思います。

ヒアリとは特定外来生物に指定されており、主にアルカロイド系の毒と強力な針を持っています。

実は人間が刺されても死ぬことはまれで、痛み・かゆみ等の軽度の症状や、体質によりアレルギー反応や蕁麻疹等の重い症状が出る場合があります。

なので、命の危険があるのは、アレルギー症状の中でも特にアナフィラキシーショックが起きた場合で死亡することがあると言うことです。

アメリカでは、毎年1400万人以上の人々が刺されており、その多くでアレルギー反応が起きていると考えられています。

先ほども述べたように症状としては、軽度のものは痛み・かゆみ、中度になると蕁麻疹、重度になると数分から数十分で息苦しさ・声の枯れ・めまい・激しい動悸などが起こり、進行すると意識を失うこともあります。

重度の症状の場合は、即時型のアレルギー反応のアナフィラキシーである疑いが強く、放置すると死亡する場合があります。

現在日本で発見されている場所は、東京・神奈川・茨城・愛知・大阪・兵庫になります。ちなみに大阪は大阪市住之江区の大阪南港でみつかってます。

ただ、世間が騒いでるほど危険視はしなくてもしっかりした知識があれば対処次第で特に大きな被害は出ないと思われます。

また、犬や猫も町中で咬まれる危険性はかなり少ないでしょう。港近くにいる場合は少し注意はした方が良いと思います。念のため伝えておくと、犬や猫が万が一「ヒアリ」に咬まれたとしたら人間と同じく、痒み・痛み・腫れが出てくるでしょう。

アレルギーが強く出る子、アナフィラキシーショックを起こしそうな子は咬まれた場合、呼吸困難やふらつきなど重篤な症状が出るかもしれません。そういった症状が見られた場合はすぐに動物病院につれてきてください。

獣医師 石鍋

猫のトリミングについて

こんにちは。トリマーの山下です。

今回は猫のトリミングについてお話したいと思います。

猫と快適に暮らすために、トリミングは重要な手入れになります。

習慣的なトリミングは抜け毛の問題を軽減してくれるうえ、毛の艶を保ち、血液の循環を促進してくれます。

それぞれの猫の性格によって、トリミングしやすかったり、嫌がったりもしますが、子猫のときから慣れさせることが大切です。

嫌がる場合は短時間ですませて、徐々に慣らしていくとよいでしょう。

 

トリミングの手順

爪きり、耳掃除、ブラッシング後に、シャンプーを行います。

猫のトリミングの場合、スタッドテール(尻尾の付け根)や前肢の内側などは、猫自身の脂の分泌が活発です。

綺麗に仕上げる為には、クレンジングでしっかり脂を落とすことが重要です。

クレンジング・ シャンプーで汚れを落とした後は、リンシングを行います。

猫は、もともと柔らかい毛なので、薄めたリンスを、ごく少量かけるだけで十分です。

背中やお腹、脇の下など、全体に行き渡るようにします。

リンシング後はすすぎを行います。

シャンプー剤が残らないように、時間をかけてすすぎます。

特に脇の下や関節、お腹などはすすぎ残しやすいので、ぬめりが残っていないか確認し、すすぎます。

すすいだ後は、ほとんど水気がなくなるまでタオルで拭き、ドライヤーにて乾かします。

 カットをご希望の場合は、全身2ミリのバリカンにてカットを行います。

ご自宅で取る事の出来ないもつれや毛玉を取り除く事が可能です。

トリミングが苦手な場合でも鎮静(軽い麻酔)をかけることが出来ますので、獣医師のもと安全にトリミングすることができます。

鎮静の場合は別途鎮静料・血液検査料が必要です。

ご不明な点がありましたら、お気軽にスタッフまでご相談下さい。

ボールパイソンについて

こんにちは!看護師の熊野です。
私のブログでは、少しでも色んな動物を知ってもらおうと思い、動物の生態についてお話していこうと思います(*^_^*)
第一弾の動物は、私も飼っているボールパイソンについてお話します。

・ボールパイソンってどんな動物?
→ボールパイソン(別名:ボールニシキヘビ)は、小型~中型のヘビで成長すると約2mになる子もいます。
 ボールパイソンの魅力は、胴体の長さではなく胴体の太さだと思います。
 胴体の太さはご飯の上げる頻度や飼育によって異なりますが、ボールパイソンは太い方が迫力があります。
 故郷は、アフリカで草原やサバンナなどの暖かい地域に住んでいます。
 なので、飼育温度は28℃~32℃を保つように温度管理してあげてください。
 ボールパイソンは、とても臆病な動物で敵が近づくと頭を体の中に隠して、ボールのように丸くなる防御行動を行うことから名前の由来になっています。
 この防御行動をしている時は、「私に近づかないで!」「攻撃するなら私もするよ!」のサインなので触らないでそっとしてあげてください。
 ボールパイソンの平均寿命は、20年以上でわんちゃん・ねこちゃんよりも長生きするため一生のパートナーにされる方もいます。
 その他に魅力を語るのであれば、なんといってもカラーバリエーションです。
 20種類以上のカラーがあります。私が一番好きなカラーはアルビノピンです。
 自分のお気に入りカラーを見つけてみるのもいいかもしれませんね(^^)

ボールパイソンは、大きくて怖いイメージがありますが見た目とは全然違う性格でとっても大人しくてかなりビビりなんです(^-^)
私の飼っている子も最初はずっと威嚇して触られるのが嫌ですぐ咬みつこうとしていました。
時間が経つにつれ少しずつ触られることに慣れていきました。
今でもご飯と勘違いして咬みつかれることもありますが楽しく二人で暮らしています(^^♪

少しでもボールパイソンに興味をもってもらえたら嬉しいです!!
お付き合いありがとうございました。

ハリネズミのダニ症

こんにちは!獣医師の竹花です。

近頃ハリネズミさんの患者さんが増えてきたように感じます。

実際、世間のメディアやペットショップでもハリネズミが取り上げられることがしばしば。

なので今回はハリネズミの疾患で最も来院が多いダ二疾患について、実際の症例を踏まえ紹介していきたいと思います。

 

ハリネズミのグラちゃんです。

自分で眼を掻いてしまい、眼から出血が止まらないとのことで来院。

写真のとおり結膜が腫れ上がり、眼球が見つからないレベルでした。

聞けば、先日も眼赤くなり他院で目薬を処方していただいたとのことです

 

今回はその時よりひどく、結膜の腫脹・眼球の欠損がみられたので眼球摘出とその瞼の縫合のOPEをすることになりました。

さいわい眼球の受け皿である眼底に大きな損傷や感染は見られなかったので、

命にかかわる可能性は低いと判断できました。

単純な縫合では糸の部分の圧力が強く、瞼が裂けて開く可能性があったので、

その圧力を柔らかいチューブを使い減張させる方法で縫合しました。

麻酔も無事に覚め、グラちゃんは無事退院できました。

 

このとき眼をかいた原因として、ダ二症も疑いもありましたが、その検出がみられませんでした。

しかし、後日、再び結膜の腫脹を訴え来院。

続く結膜の腫脹の原因を究明すべく、再度皮膚検査を実施し、

前回見られなかったダ二の検出をすることが出来ました。

今回の腫脹は眼球の損傷もなく、眼球も瞼の中に陥入することができたので縫合まで至らず、痒みのコントロールとダ二の駆除により治療を進めました。

 

ダ二の駆除スケジュール後のグラちゃんです。

現在痒みもなく、左目の眼球だった部分は肉が盛り上がり補てんされ、右目は順調に回復し正常に戻りました。

本人もスンスン鼻を鳴らし、たいへん元気だそうです。

 

今回のことも含めダ二の検出が必ずしも可能という訳ではありません。

多数の寄生の場合は肉眼で見られることもありますが、皮内に潜在することもあるので

ハリネズミをはじめて家に迎え入れる場合は一度検査と予防もふくめた駆虫を当院では勧めます。

 

検査でダ二の検出がみられた場合、セラメクチンの塗布とイベルメクチンの複数回投与によって行われます。セラメクチンの投与のみでは、飼育環境中のダ二を駆除しきれず再発するケースが度々みられます。そのためその複数回投与のスケジュールを行うにことによって完全な駆虫と再発の阻止を実現します。

 

ダ二症を放置すると痒みによる症状が今回の眼以外に、手指や耳や体幹・陰部に咬傷や創傷ができ、出血や感染がみられるので、そのような症状がみられたら、なるべく早めに病院への来院を勧めます。

ノミ・ダニ予防について

こんにちは、看護師の伊藤です。

今回はノミ・ダニ予防についてお話ししようと思います。

ノミが寄生すると、痒みや吸血、と思われがちですが、
ノミが吸血する際に出す唾液によって、ノミアレルギー性皮膚炎を引き起こしてしまう可能性もあります。
ノミアレルギー性皮膚炎は、わんちゃんに多く認められ、夏から秋にかけて多く発症します。
背中~尾の付け根、太ももからおなかにかけて激しい痒みを伴うことがあります。
また、ネコひっかき病、ペストなどといった人間にもかかってしまう病気の原因をもっていることもあります。

ダニも人間もかかってしまう病気の原因となる菌をもっていることがあり、
日本では、クリミア・コンゴ出血熱、ダニ媒介脳炎、重症熱性血小板減少症症候群
などといった重篤な病気を媒介することがあると報告されています。
ダニの種類の一つの、マダニは、草むらに比較的生息しているといわれています。

ノミ・ダニは吸血するため、大量に寄生され、血を吸われると貧血を起こすこともあります。

室内外のねこちゃんや、あまり外に行かないわんちゃんは大丈夫、と思われがちですが、
人間が外から持ち帰ってしまうことがあります。
犬・猫だけかと思いきや、ノミは哺乳類、鳥類に寄生します!

これから暖かくなる季節に向けて活動が活発になるため、
ノミ・ダニ予防をおすすめしています。
当院では

☆錠剤タイプ

☆首の後ろに垂らすスポットタイプ

☆チュアブル(ジャーキータイプ)

☆鳥類、予防薬がまだ使えない子犬子猫にはスプレータイプ

などを取り扱っております。

大切な動物、飼い主様を守るため、これからの季節ノミ・ダニ予防をお考えください!
どのタイプの予防薬がいいのか、いろいろ種類があってわからない!など
予防薬のことはもちろん、その他のことでもどんどんスタッフにご相談ください♪

« 1 2 3 41 »

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © きど動物病院ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.