ドッグランのマナーについて

こんにちは!トリマーの中口です。

5月下旬を迎え日中はとても暑くなってきましたね(^▽^;)

今回は「絶対に知ってほしい ドッグランのNG行為」について

お話しさせていただきます。

1、到着してすぐにリードを離す

  ドッグランでもワンちゃんが苦手な子がいるため到着して

  すぐにリードを離すのはNG行為です。

  ワンちゃんが怖がってしまい怪我や喧嘩に繋がりかねません。

  ドッグランに到着したらリードを付けたまま入り

  ワンちゃんたちの様子を観察しながらリードを外して

  遊ばせてあげましょう。

2、勝手に他のワンちゃんを触る

  勝手に他のワンちゃんを触るのはNG行為即ちマナー違反です。

  飼い主以外の人が怖い=噛む

  威嚇=お互いが怪我をする危険性があります。

  他のワンちゃんを触る時は必ず飼い主さんに許可を取りましょう。

  ワンちゃんは自分の頭上を見られないため

  いきなり上から触られるととても怖がります。

  触る時は必ずワンちゃんの目線まで姿勢を低くしてから

  触るようにしましょう。

3、おやつやおもちゃの持ち込み

  ワンちゃん同士のトラブルになりやすいため

  持ち込み禁止のドッグランが多いです。

  ドッグランに行く際はおやつやおもちゃの持ち込みが

  可能か問い合わせてから行きましょう。

4、ワンちゃんから目を離す

  直接的な喧嘩に発展していなくても

  「吠える」「マウント行為」「追いかける」など

  他のワンちゃんや飼い主さんへの迷惑行為に繋がることもあるので

  ドッグラン内では絶対に目を離さないでください。

  上記のことを頭にインプットしながら

  楽しくドッグランで遊ばせてみてください(^▽^)/♪♪

 

ネコ科最大の動物

 こんにちは、柴犬大好き看護師の岡本です。                                                 朝夜と日中の気温差がまだありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 今回は、私が応援しているプロ野球チームの阪神タイガースのデザインにもなっている、トラについてお話していきます。

 トラは現存するネコ科では最大の動物になります。トラは、チーターやライオンと異なり、草原のような視界の開けた場所で見られることは滅多にないです。熱帯林、背丈の高い草むらなど見通しの悪い場所に多く生息しています。その理由として、トラの縞模様に関係があります。縞模様は、茂みなどに身を隠す際、体の輪郭をぼやかすカモフラージュの効果があると言われています。人の目からしたら、「目立つ黄色に大きな体で本当にカモフラージュできているの?」と疑う人がいると思います。実は、動物たちは我々人間に比べ色を認識する部分が弱くなっています。そのため、黄色をはっきりと認識することが出来ないので、縞模様は植物の影との区別がつきにくく、良いカモフラージュになるのです。

 トラと言えば強くて狩りが上手なイメージがあると思います。しかし、実はトラは狩りが苦手な動物になります。狩りの成功率は約10%と言われるぐらい低いです。ただ、1週間に1回でも狩りが成功すれば生きていけるので問題はないです。また、ネコ科の動物でありながら泳ぎが得意なので、泳いで狩りをすることもあります。

 トラの中でも特に人気のあるホワイトタイガー。トラの中でごくごく稀に生まれてきます。このホワイトタイガーは独立した種ではなく、色が違うだけなのです。詳しくは「白変種(ハクヘンシュ)」と言うそうです。野生の世界では、白は光を反射し目立ってしまうため、成獣に成長する前に死んでしまう事が多いです。そのため、動物園で見られるホワイトタイガーはすごく貴重な存在になっています。

 今回はここまで。                                                             少しでもトラについての知識を得られたでしょうか。ぜひ知識を得たところで動物園に行ってトラを見てきてください。少し違った見方が出来るかもしれません。また、このトラブログを機にみなさんで阪神タイガースを応援していきましょう!

看護師 岡本

ダックスフントのご紹介

こんにちは!看護師の西岡です😊

4月に入り暖かくなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

さて今回は、私も飼っているダックスフントについて紹介させて頂こうと思います。

ダックスフントといえば、胴長短足が大きな特徴です。短い足で一生懸命歩いたり、飛ぶように走る姿が本当に可愛いですよね🐶

 

そんなダックスフントにも実は3種類存在します。

1種類目は「カニーンヘン・ダックスフント」で適正体重3kg~3.5kg

2種類目は「ミニチュア・ダックスフント」 で適正体重 5kg以下

3種類目は「スタンダード・ダックスフント」で 適正体重9〜12kgとなってます。

 

私が飼っているのはカニーンヘンダックスフントですが、なんと体重が実は8kgもあります 😯 

 

昔から前足が太くてこの子は大きくなると言われていましたが、まさかここまで大きくなるとは!と驚いています。

一度椎間板ヘルニアの病気にかかり、体重を落とさないと再発すると獣医さんに言われ今は毎日ダイエット中です。

話はそれましたが、ダックスフントという犬種は勇敢で好奇心旺盛な性格です。もともとダックスフントは狩猟犬なので、本能的に穴を掘る、獲物を追いかける、ニオイを嗅ぐなどハンティング気質が色濃く残っています。また毛質によっても性格が異なり、スムースは頑固で負けず嫌い、ロングは明るく友好的、ワイヤーは協調性に富んだ性格が多いのが特徴です。

 

さて今回はダックスフントについて少しだけご紹介させて頂きましたが、少しでも興味をもって頂けたら嬉しいです😆

 

おもちゃを活用!!

こんにちは。看護師の深美です。
 
まだまだ寒暖差が激しく、春が待ち遠しくなる毎日ですが
皆さんいかがお過ごしでしょうか⛅
 
今回は、わんちゃんのおもちゃについてお話しします🐶
 
今では、色んな種類のおもちゃがたくさんあって
見ているだけでもすごく楽しいので、今回は皆さんにもいくつかシェアさせてもらいます☺
 
 
まずは、最近よく見かける
このにんじんを抜く姿が可愛すぎる
頭を使いながら、体も使って楽しめるおもちゃです‼
 
にんじんをスポン!と抜く感覚を楽しめたり、その下におやつを隠したりと
可愛いだけじゃない実用性も持ち合わせています 😎 
 
にんじんが散らかっていても、ついつい許してしまいそうですよね。笑
 
 
これは食欲旺盛でおやつちょうだいタイムを
諦めてくれない子にオススメのおもちゃです🍖
おやつを何個か入れておき、わんちゃんがボールを転がすと
穴部分からおやつがポロッと落ちてくる仕組みです。
 
簡単なようなんですが、穴の大きさを調節できたり
出てくるまでに2段階クリアしないといけなかったりして意外と難しく、没頭してやってくれます!!
 
 
 
お次は、知ってる方も多いと思われますが
KONGというおもちゃです 😎 
 
顎の力が強くて、おもちゃをすぐ破壊しがちな子にオススメで
噛むだけでも噛みごたえがあって楽しいのですが、穴におやつやペースト状のおやつを塗ってあげても楽しめます 🙂 
 
硬さや大きさもいくつか種類があって、その子にあった物を選べるのですごく助かります‼
 
 
 
そして、最後は
一見キュートなふわふわしたおもちゃに見えるこのおもちゃ
 
実は・・・
デンタルケアも出来る可愛いおもちゃなんです👍
 
歯磨きなどしてあげたいけど、なかなか難しくて
諦めてしまっている飼い主さんにオススメです‼
 
これを使ってピカピカになる!訳ではないのですがこれを噛んでいると、細かい糸が歯の隙間に入り込んでくれるという仕組みです。
 
色んな種類があって、ついつい集めたくなる見た目と楽しんで出来るデンタルケアがあるのは、すごく嬉しいですよね🌳
 
ちなみに
このおもちゃは、病院にも置いてますので
気になる方はスタッフまでお声がけください 😀 
 
 
 
 
 
うちの子も(少し大きめのトイプー)今までいくつものおもちゃを破壊し
おもちゃ探しに苦戦していましたが色々試して今ではKONG愛用者になっています。笑
 
 
日常にはない刺激を少しあげると
わんちゃんもより楽しい時間が増えてくると思うので
皆さんもぜひ、色んなおもちゃ探してみてください✊

猫の仕草

こんにちは!看護師の白石です!

2月に入りまだまだ寒い日が続きますが皆さんいかがお過ごしでしょうか⛄️

寒がりな私は家から出ることが少なくなり愛猫と過ごす時間が増えました(*´ω`*)

 

今回は猫の「仕草」についてお話します!

さて皆さんは猫ちゃんの仕草といえば何を思い浮かべますか?

喉をゴロゴロと鳴らして甘えたり、しっぽをふりふりして怒りを表現したり、

猫ちゃんは意外と感情豊かな動物なんです!

今回は少し特殊な猫ちゃんの「仕草」についてご紹介します!

①フレーメン反応

ぽかんと口を開ける仕草

猫ちゃんは犬と同様に相手のおしりを匂い合う行動をします。

それは挨拶だけではなく、相手のフェロモンの匂いを嗅ぎ分けて縄張りを確認しています。
口の中にある鋤鼻器(じょびき)という場所でフェロモンを感じるため、このように口を開けて匂いを取り込んでいると言われています!
人に対しては汗の匂いや足の裏の匂いでこの反応をすることがあります!

 

 

②クラッキング

猫の特殊な鳴き方

空を飛んでる鳥や虫などに反応して「カカカ」「ケケケ」と小刻みに普段とは違う鳴き方をすることがあります。
これは獲物を追いかけたい本能によって現れるものです。
「捕まえたいのに捕まえられない…」という もどかしさ=不満 で鳴く子が多いそうです💦
この行動が見られた場合はおもちゃで遊んであげるなど不満を発散させてあげてください!

 

③サイレントニャー 

 

 

 

 

 

声を出さずに鳴く仕草

鳴いている仕草をしているのに声がでていない鳴き方をすることがあります。
これは甘えん坊さんな猫ちゃんによく見られるもので、飼い主さんへの愛情表現です😻
声が出なくなったわけではなく、人間には聞き取ることが出来ない周波数で鳴いています。
飼い主さんのことを自分の母親と同じぐらい信頼している証拠だそうです!

この行動をしている時は沢山甘やかしてあげてください!

このように猫ちゃんには面白い仕草が沢山あります。

日頃から仕草や行動をチェックしていると小さい変化にも気づくことが出来ます。
行動の意味を理解して愛猫とより良い関係を築いていきましょう!

 

看護師 白石

« 1 2 3 4 66 »

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © きど動物病院ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.