犬のストレスサイン

こんにちはヽ(^0^)ノ

2020年も残すところあと1ヶ月少しとなりました。

今年は本当に色んなことがありました。

一番はやはり「コロナウイルス」ですね。

第3波が押し寄せているいま、外出ができないので

早くコロナウイルスがおさまり旅行をしたいです。

やはり行くとしたら、、ディズニー一択ですね‪(笑)

 

今回は、、、

「犬のこんな時に見られたらストレスサイン」

についてご紹介させて頂きたいと思います。

わんちゃんは言葉を話せないため、

仕草でストレスや喜びなどのサインを

あらわします。

 

①体を搔く

→飼い主の指示が分からない時!

「参ったな~」「もうやめたい」という

気持ちの表れ。

 

②体を振る

→お手入れで長時間拘束された時

我慢した後に「やっと終わった」という

気持ちの表れ。

 

③フセをする

→複数の犬で遊んでいる時!

上位の犬が下位の犬に「怖がらなくて大丈夫」と

緊張を解こうと行うことがあります。

 

④お腹を見せる

→苦手な犬や人に会った時!

怖いと思っている相手に対して

「攻撃しないで」と下手に出ようとして

おこなう。

 

⑤お座りをする

→苦手な犬がいる時!

自分を冷静に保つためや相手に対して

「攻撃しないよ」と伝えるためにおこなう。

 

⑥間に割って入る

→飼い主同士が喧嘩をしてる時!

犬同士や人同士の距離が近いと

「喧嘩が始まる」と

感じてなだめようとおこなう。

 

⑦目を逸らす

→初対面の犬や人に会った時!

目を合わせないようにして苦手な物に

気づいていないように振舞っている。

 

⑧あくびをする

→病院の診察台やお手入れ!

自分を冷静に保つ為や、緊張で強ばった

筋肉を緩めるためにおこなう。

 

⑨背中を向ける

→苦手な犬や人に会った時!

脅威を感じている相手や興奮している

相手に「私は関係ない」「落ち着いて」と

伝えるためにおこなう。

 

上記のような仕草が見られたら

わんちゃんは少なからずストレスを

感じているかもしれません。

ただし、個体差があるため必ずしも

上記の仕草=ストレスという

訳ではありません。

 

朝晩と寒い日が続きます。

体調管理、手洗いうがいをしっかりして

コロナウイルス感染予防につとめましょう。

 

 

 

はじめまして、獣医師の島田卓です

こんにちは
獣医師の島田卓(しまだ たく)と申します。
4月からきど動物病院で診療させていただいております。半年以上経過しますが、また知らない方もいらっしゃると思いますので自己紹介させていただきます。
私は兵庫県の但馬地方で生まれました。実家が動物病院ということもあり小さな頃から獣医師になることを夢見てきましたが、念願叶って獣医師となり、6年間香川県で主に家畜の獣医師として働いていました。縁あってこのきど動物病院で働かせていただくことになりましたが、こうやってみなさまの大切な家族の健康管理のお手伝いをさせていただけることにやり甲斐を感じ、充実した毎日を送っています。
趣味は音楽鑑賞とカポエイラで、筋トレするのも好きです。
これからもみなさまのお役に立てるよう頑張りますので、ペットに関する不安や疑問などありましたらなんなりとご相談ください。それではよろしくお願いいたします。

秋になりました…

だんだん外も肌寒くなってきました。

愛犬が寒さに弱い犬種の場合は注意しなければなりません。

たとえば、チワワやシー・ズー、パピヨン、マルチーズ、ヨークシャーテリアなどの小型犬が挙げられます。

これらの犬種は被毛構造がダブルコートではなくシングルコートということもあり、寒さに強くありません。
寒い日に散歩に連れて行こうとすると、嫌がる犬もいます。子犬や老犬、やせた犬、持病のある犬なども寒さが苦手なので、散歩に連れて行くときは防寒対策をしてあげましょう。

散歩に行かないと蓄えたエネルギーが十分発散されずに肥満になってしまうかもしれないので、愛犬の健康を保つためにも、冬でも散歩に連れて行き、運動をさせましょう。
ただし、体調がよくないときや雨・雪のひどいときは、いつもよりも散歩を短い時間にするか、行かないことにするなどの配慮も必要です!

新人の佐藤です。

こんにちは。

今年入社した佐藤です。入社して半年になりました。今回は簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います。

 

好きな食べ物はりんごです。好きな動物は犬です。特にトイプードルが大好きです。

動物園で好きな動物はライオンやチーターなどのネコ科動物です。ゲームが好きで特にパズドラや銃ゲームをしています。動物看護師は小学校二年生のころからの夢だったのであの頃の自分に胸を張って「夢かなったぞ」といえるような動物看護師になれるよう精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。

うちのわんこのカット

こんにちはヽ(^0^)ノ

トリマーの長友です!

本日はうちのわんこをカットしたので、皆様にも紹介します!

 

まずはトイプードルのうーちゃんです。

before

after

うーちゃんのカットスタイルは「アルパカカット」です。「羊さんカット」とも言います。

足をスッキリ短く刈っているのが特徴で、足が汚れていてもお手入れしやすいカットスタイルになっています。耳はチャームポイントで少しだけ残してみました!

ただ、独特のカットスタイルなだけに好き嫌いが分かれるカットになっていると思います(^ω^;)

うーちゃんは毛色が白いので、とっても羊にそっくりですよね☺

次にシュナウザーの椿ちゃん!

before

after

椿ちゃんのカットは「アフロ風?」にしてみました。足は「ブレスカット」で体は1番短いバリカンでタトゥーっぽく絵を描いてみました!

頭は耳と頭を繋げて、アフロっぽく仕上げてガーリーにしてみました。足は足先を残して上の部分は短く刈って夏仕様にスッキリとさせました。チャームポイントでまつ毛は残してます☺

頭や足先を残している分そこが少しもつれやすくはなりますが、体はスッキリ、顔はガーリーで特徴的なカットだと思います(´▽`)

このようにカットのスタイルは色々あります!

おうちのワンちゃんにもデザインカット挑戦してみませんか?

 

 

 

1 2 3 55 »

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © きど動物病院ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.