ワンちゃんのヒザが弱いって?

こんにちは。獣医師の松崎です。

診察中、後ろ足を触りながら「ヒザが弱いですね~」と言われたことありませんか?

今回は、特に小型犬に多いヒザの悩みについてお話します。

 

人と同様、犬のヒザには膝蓋骨(しつがいこつ)と呼ばれるお皿があります。

膝蓋骨の役目は、ヒザの関節を滑らかに曲げ伸ばしすることにあります。

太ももの骨にある溝にそって常に上下にスムーズに動くようになっています。

この動くという特別な状態がときに障害を起こすのです。

 

膝蓋骨は太ももの筋肉から下へと伸びる靭帯に包まれていますが、左右には膝蓋骨を固定するものはありません。

そのため膝蓋骨が上下ではなく、左右に動いてしまったときに問題が生じます。

この膝蓋骨が左右に動いた状態を「膝蓋骨脱臼」と言います。

膝蓋骨脱臼には体の内側に外れる「内方脱臼」、外側に外れる「外方脱臼」があります。

小型犬に多いのが内方脱臼です。

 

原因のひとつに、太ももの溝が浅い・太ももの骨がねじれている・靭帯の付着部が曲がっているなど、生まれつきの遺伝的な異常により成長に伴って脱臼しやすくなる犬種がいます。

特にトイ・プードル、シーズー、ヨークシャー・テリア、ポメラニアンなどに見られると言われています。

もうひとつ、交通事故や高いところからの落下によって関節に衝撃が加わり脱臼する、または周囲の組織が傷つき後々に脱臼することがあります。

どちらの場合でも、程度が軽ければ脱臼状態でも気にせずに歩きますが、程度が重たくなるほどに罹患肢を挙げたまま3本足で歩いたり、触ると痛みを伴い鳴いたり、怒ったりすることもあります。

 

脱臼の治療はその程度によって異なります。

自然に戻る場合は安静にして経過観察しますが、常に脱臼したままでは罹患肢に負担がかかるため、手術により脱臼の整復が必要になってきます。

 

お家のワンちゃんの膝蓋骨が脱臼しやすいか知っておくことで階段やソファーの昇り降りなど、脱臼しやすい環境に配慮することもできるかと思いますので、一度ご相談いただければと思います。

 

 

担当:獣医師 松崎

うさぎのしぐさ

こんにちは。看護士の小西です。

私はミニウサギを飼っていて、家に帰ると毎日うさちゃんに癒されています。そこで今回は、うさぎの感情表現についてお話しさせてもらいます。

うさぎは犬や猫のように、鳴いたり尾尻を大きく振ったりしないので感情がつかみにくいですが、とても感情豊かなんですよ。いくつか紹介しますね。

  ★鼻でツンツンしてくる

     『遊んで!』と誘っています。また、おねだりして甘えています。頭をなでてあげたり、               マッサージしてあげると、喜んでくれるかもしれませんよ。

  ★足の周りをグルグル回る

     機嫌がよく、飼い主さんのことが大好きな証拠です。

 

  ★ジャンプする

     このしぐさもゴキゲンな証拠です。『楽しいな♪』『うれしいな♪』の表れです。

 

  ★歯をカチカチならす

     頭をなでている時などに歯をカチカチとならすことがあります。その時は『頭をなでてく              れて気持ちいいな~♪』といっているんですよ。

  ★床にねそべり手足を伸ばしあくびする

     かなりリラックスしています。

  ★後ろ足で床をドンドンをならす

     「スタンピング」と呼ばれ、怒っている時にする仕草です。警戒したり、威嚇したりしてい              ます。

  ★ブーブーと鼻を鳴らす

     何か嫌なことがあり不機嫌な時に鼻を鳴らすことがあります。

  ★食器やトイレをひっくり返す

     退屈していたり、お腹が空いている時にするしぐさです。飼い主さんの気をひくときにす              ることもあります。

  ★いきなりドタッと倒れる

     いきなりの事で驚かれる方もいるかと思いますがこの時うさぎさんはとても満ち足りて              いる時なんですよ。

 

他にも、うさぎはたくさんの仕草で感情表現をしています。仕草が分かると、感情がよめうさぎの気持ちが、今まで以上に伝わってくるかもしれませんね。

                                                     小西

 

インフルエンザとフェレット

お盆もすぎましたがまだまだ暑さは続きますね。

さて、今回はフェレットのインフルエンザについて少しお話したいと思います。

フェレットも実はインフルエンザにかかります。フェレットのインフルエンザは人のインフルエンザと同じです。しかし、その感染は飼い主から感染するケースが一番多いのです。


人からフェレット、その逆のフェレットから人への感染が成立します。


感染経路は直接触れる事やくしゃみ、鼻水などの分泌物による飛沫感染があり、人間のインフルエンザ同様、簡単に感染します。

フェレットのインフルエンザウィルスに対するワクチンは現在ありません。
そのため、予防法としては、冬場の乾燥を避ける事とインフルエンザウィルスに感染している人、フェレットと隔離する事が一番の予防法です。
これも、人間のインフルエンザ予防と同じと言えるでしょう。

ペットの体調管理も大事ですが、飼い主さんもしっかり体調管理はしてくださいね。

獣医 石鍋

ぶらり見て歩き、北海道の隠れた名所

暑い日が続きますが、皆さんお元気ですか?

今回は北海道の隠れた名所の紹介です。北海道は十勝地方、トマムというところの雲海テラス。日の出から、ほんの数時間が勝負。見れるか見れないかは、日頃の行いか? わたしの場合、行いが良いのか?しっかりと雲海見ることが出来ました。

もし北海道に行く機会があれば、立ち寄って見てください。見れるか見れないかは、日頃の行い次第?5月から9月がベストなシーズンだそうです。

また来月より、全国の動物園を城戸院長が見て回り、動物園見て歩きなるシリーズを始めよう思います。

元動物園獣医師の目から見た動物園。楽しみにしていてください。

 

院長   城戸 写真

涼し~い夏

何をバカなとお思いでしょうが、我が家にとって今年は久々の涼しい夏です。
環境保護、節電、冷気が体に悪い、等々の理由からエアコンを封印して五年、
ベランダに朝顔やゴーヤを繁らせ、夜は窓全開で寝て、暑くなる一方の夏を乗り切ってきましたが…

今年はついにエアコン稼働です! 

理由は、我が家の4歳半になるモルモット2頭。
南米原産の野生種が家畜化されたモルモットは、飼育の適温が17〜24℃、高温多湿は苦手です。毛がない品種のスキニーや幼齢の子は、もう少し温かめがいいようです。
やはり南米原産で見た目もちょっとモルモット似のチンチラは、標高の高いアンデスの山岳地帯に生息するため、17〜20℃が適温だそうです。
被毛の長短や年齢、健康状態によって、また動物種によって、適温はさまざまなんですね。

それしても、人間を含む多くの動物にとって、この暑さはやっぱりきつい!
暑いと食欲が落ちるのは人間も同じですが、特にモルモットやウサギなどの草食動物にとって食欲不振は一大事。食べない⇒胃腸の動きが停滞⇒食欲が落ちる⇒食べない⇒さらに胃腸の動きが停滞、という悪循環に陥って腸内細菌のバランスが崩れ、悪い菌が増えて胃腸にガスが溜まったり、肝臓に負担がかかったりする結果、生命に関わることにもなりかねません。

これまで夏はアルミ製のプレートにべったり腹ばい、やや夏バテ気味だったうちのモル。
ちょっと痩せてちょうどいいか、くらいに思っていたら、認識の甘さを痛感させられました。

モルがいつものように牧草を食べない、糞が小さくて少ないか?と思っているうち、見るからにしんどそうになってしまったのは半年前。「胃腸うっ滞」という状態でした。
胃腸の動きを促進する薬の内服に連日の輸液、理学療法、強制給餌にお腹のマッサージ等の治療を続け、食欲や排便が完全に回復するまでに1カ月半かかりました。
この間、どれだけ心配し、どれだけお金が飛んでいったことか!
暑さのストレスから食欲不振になったら大変、
電気料金がかさむくらいモルの健康には替えられない!!
というわけで、ついにエアコン解禁、
モルのための涼しい環境に人間も便乗させてもらっているわけなんです。

まだまだ続く猛暑の夏、人間も動物も、体調管理には十分気をつけたいですね。
「暑いから食欲ないのも当然」は、うさぎやモルモットには危険です。
糞の量が減ってないか、糞が小さかったり形がいびつになったりしてないかチェックしましょう。
もしそうなら、胃腸の動きを助けてあげる必要があります。
早めの受診をお薦めします。

獣医師の鈴木でした。

« 1 41 42 43 48 »

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © きど動物病院ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.