• HOME »
  • ブログ »
  • その他

その他

ワンちゃんのヒザが弱いって?

こんにちは。獣医師の松崎です。

診察中、後ろ足を触りながら「ヒザが弱いですね~」と言われたことありませんか?

今回は、特に小型犬に多いヒザの悩みについてお話します。

 

人と同様、犬のヒザには膝蓋骨(しつがいこつ)と呼ばれるお皿があります。

膝蓋骨の役目は、ヒザの関節を滑らかに曲げ伸ばしすることにあります。

太ももの骨にある溝にそって常に上下にスムーズに動くようになっています。

この動くという特別な状態がときに障害を起こすのです。

 

膝蓋骨は太ももの筋肉から下へと伸びる靭帯に包まれていますが、左右には膝蓋骨を固定するものはありません。

そのため膝蓋骨が上下ではなく、左右に動いてしまったときに問題が生じます。

この膝蓋骨が左右に動いた状態を「膝蓋骨脱臼」と言います。

膝蓋骨脱臼には体の内側に外れる「内方脱臼」、外側に外れる「外方脱臼」があります。

小型犬に多いのが内方脱臼です。

 

原因のひとつに、太ももの溝が浅い・太ももの骨がねじれている・靭帯の付着部が曲がっているなど、生まれつきの遺伝的な異常により成長に伴って脱臼しやすくなる犬種がいます。

特にトイ・プードル、シーズー、ヨークシャー・テリア、ポメラニアンなどに見られると言われています。

もうひとつ、交通事故や高いところからの落下によって関節に衝撃が加わり脱臼する、または周囲の組織が傷つき後々に脱臼することがあります。

どちらの場合でも、程度が軽ければ脱臼状態でも気にせずに歩きますが、程度が重たくなるほどに罹患肢を挙げたまま3本足で歩いたり、触ると痛みを伴い鳴いたり、怒ったりすることもあります。

 

脱臼の治療はその程度によって異なります。

自然に戻る場合は安静にして経過観察しますが、常に脱臼したままでは罹患肢に負担がかかるため、手術により脱臼の整復が必要になってきます。

 

お家のワンちゃんの膝蓋骨が脱臼しやすいか知っておくことで階段やソファーの昇り降りなど、脱臼しやすい環境に配慮することもできるかと思いますので、一度ご相談いただければと思います。

 

 

担当:獣医師 松崎

ぶらり見て歩き、北海道の隠れた名所

暑い日が続きますが、皆さんお元気ですか?

今回は北海道の隠れた名所の紹介です。北海道は十勝地方、トマムというところの雲海テラス。日の出から、ほんの数時間が勝負。見れるか見れないかは、日頃の行いか? わたしの場合、行いが良いのか?しっかりと雲海見ることが出来ました。

もし北海道に行く機会があれば、立ち寄って見てください。見れるか見れないかは、日頃の行い次第?5月から9月がベストなシーズンだそうです。

また来月より、全国の動物園を城戸院長が見て回り、動物園見て歩きなるシリーズを始めよう思います。

元動物園獣医師の目から見た動物園。楽しみにしていてください。

 

院長   城戸 写真

涼し~い夏

何をバカなとお思いでしょうが、我が家にとって今年は久々の涼しい夏です。
環境保護、節電、冷気が体に悪い、等々の理由からエアコンを封印して五年、
ベランダに朝顔やゴーヤを繁らせ、夜は窓全開で寝て、暑くなる一方の夏を乗り切ってきましたが…

今年はついにエアコン稼働です! 

理由は、我が家の4歳半になるモルモット2頭。
南米原産の野生種が家畜化されたモルモットは、飼育の適温が17〜24℃、高温多湿は苦手です。毛がない品種のスキニーや幼齢の子は、もう少し温かめがいいようです。
やはり南米原産で見た目もちょっとモルモット似のチンチラは、標高の高いアンデスの山岳地帯に生息するため、17〜20℃が適温だそうです。
被毛の長短や年齢、健康状態によって、また動物種によって、適温はさまざまなんですね。

それしても、人間を含む多くの動物にとって、この暑さはやっぱりきつい!
暑いと食欲が落ちるのは人間も同じですが、特にモルモットやウサギなどの草食動物にとって食欲不振は一大事。食べない⇒胃腸の動きが停滞⇒食欲が落ちる⇒食べない⇒さらに胃腸の動きが停滞、という悪循環に陥って腸内細菌のバランスが崩れ、悪い菌が増えて胃腸にガスが溜まったり、肝臓に負担がかかったりする結果、生命に関わることにもなりかねません。

これまで夏はアルミ製のプレートにべったり腹ばい、やや夏バテ気味だったうちのモル。
ちょっと痩せてちょうどいいか、くらいに思っていたら、認識の甘さを痛感させられました。

モルがいつものように牧草を食べない、糞が小さくて少ないか?と思っているうち、見るからにしんどそうになってしまったのは半年前。「胃腸うっ滞」という状態でした。
胃腸の動きを促進する薬の内服に連日の輸液、理学療法、強制給餌にお腹のマッサージ等の治療を続け、食欲や排便が完全に回復するまでに1カ月半かかりました。
この間、どれだけ心配し、どれだけお金が飛んでいったことか!
暑さのストレスから食欲不振になったら大変、
電気料金がかさむくらいモルの健康には替えられない!!
というわけで、ついにエアコン解禁、
モルのための涼しい環境に人間も便乗させてもらっているわけなんです。

まだまだ続く猛暑の夏、人間も動物も、体調管理には十分気をつけたいですね。
「暑いから食欲ないのも当然」は、うさぎやモルモットには危険です。
糞の量が減ってないか、糞が小さかったり形がいびつになったりしてないかチェックしましょう。
もしそうなら、胃腸の動きを助けてあげる必要があります。
早めの受診をお薦めします。

獣医師の鈴木でした。

暑さ対策のひとつに・・・

みなさん、こんにちは(^^)看護士の山野です。

最近急激に暑くなりましたね><;

こまめに水分補給は動物、飼い主さん共に行って下さい。

お散歩中も日中の暑い時間は避けてください。

見逃しがちなんですが、朝10時頃や夕方17時頃に、散歩に行かれてる方が多いと思われます。

日差しは落ちて楽になるのですが、地面のアスファルトは結構熱いと思われます。

今の時期だと、もう少し 早め に行くか 遅め に行くほうがお勧めです。

ワンちゃんは素足同然なので、散歩に行かれる前には一度飼い主さんの手でアスファルトを触り熱くないかを、確認してあげて下さい><;

暑さ対策としてヒトでは冷えたタオルを首に巻くという暑さ対策がありますよね

ワンちゃんにもケーキ購入時等で、付いている保冷剤を凍らせタオルで包み首に巻くことが暑さ対策のひとつになると思います。

一回試してみてはいかがでしょうか?1374590542563

←保冷剤とタオル

 

 

 

使用例13745905316401374590535490

フィラリア予防について

こんにちは。看護士の小西です。

4月に入ってフィラリアの予防をスタートしたわんちゃんが多いと思います。

フィラリアの感染経路はフィラリアに感染しているわんちゃんの血を蚊が吸い、その蚊が感染していないわんちゃんの血を吸う際に体に侵入してしまいます。

フィラリアに感染してしまうと

  • 元気がなくなり、散歩に行きたがらない
  • 食欲不振
  • 咳をする
  • 腹水が溜まりお腹が腫れてくる
  • 貧血                   

                              などがあります。

まだ予防を始めてられていない方!!

フィラリア予防をすることで大切なわんちゃんを守ることができます。梅雨に入りこれからさらに蚊が増えてきます。今からでも遅くありません。しっかり予防しフィラリアからわんちゃんを守ってあげましょう。

 

« 1 32 33 34 37 »

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © きど動物病院ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.