ワクチンプログラム

今回はワクチンについてお話しします。

世界小動物獣医師会(WSAVA)の2015年版ガイドラインによると犬と猫のワクチン接種の推奨は以下の通りです。

<>

コアワクチン … 全ての犬と猫に接種すべきワクチン

・犬パルボウイルス2

・犬ジステンパーウイルス

・犬アデノウイルス2

ノンコアワクチン … 生活・地域環境によって感染リスクが生じる動物にのみ必要なワクチン

・パラインフルエンザウイルス

・レプトスピラ

・ボルデテラ

など

ワクチン接種例

  1. 生後8週で3種以上の混合ワクチンを接種
  2. 生後12週で2回目の混合ワクチン
  3. 生後16週で3回目の混合ワクチン
  4. 生後20週で狂犬病ワクチン
  5. 生後1年で4回目の混合ワクチン
  6. その1ヶ月後に狂犬病ワクチン2回目
  7. その後はコアワクチンは3年以上間隔を空けて追加接種(場合によっては必要なし)、ノンコアワクチンは必要に応じて毎年接種
  8. 狂犬病ワクチンは狂犬病予防法により以後1年毎に接種

<>

コアワクチン

・猫汎白血球減少症ウイルス

・猫ヘルペスウイルス1

・猫カリシウイルス

ノンコアワクチン

・猫白血病ウイルス

・猫免疫不全ウイルス

・クラミジア

など

接種例

  1. 生後16週までは犬と同様
  2. 生後1年で4回目の混合ワクチン
  3. その後はコアワクチンは室内1頭飼育なら3年以上間隔を空けて追加接種(場合によっては必要なし)、多頭飼育や外に出る場合は毎年の追加接種。ノンコアワクチンは必要に応じて毎年接種

<ガイドライン内容>

<>

狂犬病ワクチンは12週齢以降で接種、その後は日本では狂犬病予防法により1年おきの接種が義務付けられている。

コアワクチンは6-8週齢で初回接種しその後は2-4週ごとに16週齢以降まで接種。その後6ヶ月齢または1歳齢で再接種、その後は3年毎以下の頻度では接種しない。

ノンコアワクチンは初年度の接種推奨はコアワクチンと同様でそれ以降は毎年の追加接種もしくは感染リスクがある場合は必要に応じて追加接種とされている。

<>

コアワクチンは犬と同様だが猫ヘルペスウイルス1型と猫カリシウイルスについては感染リスクが高い場合、毎年の接種とされている。

ノンコアワクチンも犬と同様

しかし、上記のような推奨通りのワクチン接種は現状難しいことが多いです。大切なのはワクチンを機会に血液検査などの健康診断も行うことではないでしょうか。

獣医師 駒田

うさぎの気持ち

こんにちは。看護士の小西です。

最近はいいお天気でお洗濯日和が続いていますね♪病院の洗濯物もすぐに乾き助かっています(^^)

 

突然ですがみなさん、うさぎの鳴き声ってわかりますか。

えっ!!うさぎって鳴くのと思われた方は多いのではないでしょうか。私もうさぎと一緒に暮らすまではうさぎは鳴かない動物だと思っていました。

うさぎはわんちゃんや猫ちゃんのように声帯がないため、声を出して鳴くことは出来ませんが、喉を振り絞り『ブーブー』や『ンッンッ』といった音を鳴らすことが出来ます。

うさぎを飼われている方は聞かれたことがあるのはないでしょうか♪

うさぎはこうして自分の今の気持ちを表現しています。かわいいですよね(#^.^#)♪

 

 

他にもうさぎが自分の気持ちを伝えている仕草があるんですよ。仕草と気持ちをいくつか紹介いたしますね♪

●飼い主の手や足をペロペロ舐める

   →飼い主さんへの愛情表現です。寂しいとき、かまってほしい時にもペロペロすることがあります。

●鼻でツンツンしてくる

   →こちらも愛情表現のひとつですが、ペロペロよりも強い愛情表現です♪

●手足を伸ばし横になる。ふせをする

   →リラックスをし、とても安心している状態です。寝そべる際、バタっと音をたて寝ころぶこともあり、

    初めてみる方はびっくりされることもあります。私もその一人で体調悪いのかと不安になったことがあります。

    でも安心してください。ただただリラックスモードなのです。

●後ろ足で地面でダンダンと蹴る

   →この行動はスタンピングといいうさぎが怒っている時にする仕草です。

 

 

上記以外にもまだまだたくさんの表現でうさぎは私たちに気持ちを伝えています。よ~く観察していると新しい発見もあるかもしてませんよ。

うちで飼っているうさぎさんは今年で9歳になりました♪ご飯をよく食べ元気にしてくれています♪私もうさぎさんものんびりすることが大好きなのでこれからものんびりやっていきます(*^_^*)♪

 

看護師 小西

犬のはみがきについて

 

こんにちは!看護師の上田です。

今回は犬のはみがき方法について少し説明させていただきます。

犬の口周りはとても敏感な場所なので、たいていのワンちゃんは口の周りを触れられるのをとても嫌がることが多いです。普段のブラッシングやスキンシップの時間に、指先や手で口の周りを触られることに慣れさせてあげましょう。

①初めは顔や口まわりをやさしく触り、慣れてきたら少しずつ触る時間を長くしていきます。

②そっと口唇をめくり、前歯(切歯)や歯肉、犬歯など、触りやすい場所からタッチしていきます。その時、片手に愛犬のおやつなどを持って上手く出来たらおやつをあげます。

③奥の方に指を入れて、奥歯に触られることに慣らしていきます。

わんちゃんが口元を触らせてくれたら、その度にほめてあげましょう。
最初は、短時間ですませ、終わったらおやつを与えたり、お散歩などして『歯のお手入れをすると楽しいことがある』と思わせてあげるのが効果的です。初めの段階で、嫌がっているのに無理やり触ると、次から触らせてくれなくなったり口元を触ると怒ってしまうなどになってしまうので、
短時間×回数で徐々に慣らせていくことが大切です。すぐに慣れる子もいれば、何日(何週間)もかかる場合もあり、個人差があります!
焦らずに愛犬に合わせゆっくり根気よく続けていきましょう。

当院ではデンタルケアグッズも扱っていますので、気軽にご相談ください。

ワンちゃんの爪について

こんにちわ!

トリマーの長友です。

 

今回はワンちゃんの爪についてお話します。

爪は皮膚の表皮層から爪母基によって作られ、爪半月を経てから角質化が始まるという流れになります。爪はケラチンを主成分とすたんぱく質でできていて、一日平均0.1mm伸びています。

古来オオカミや野犬などは爪を切ったり爪を研いだりはしませんが、爪が伸びすぎてしまうことはありません。これはオオカミや野犬などが普段から岩場や野山など、かなりの距離を自由に走ったり歩いたりしていたからです。

しかし、お家で飼われているワンちゃんは散歩をきちんとしていても、野山や岩場で遊ばせたりしている訳ではないので知らず知らずのうちに伸びていることがあります。それに最近は散歩に行かず、お家で過ごすワンちゃんが増えているので、爪が削れることがほとんどなくなっています

爪が伸び続けると爪が巻いて肉球に刺さってしまったり、刺さらなくても最近、床がフローリングのお家が増えているので爪が伸びすぎて足の踏ん張りがきかず、フローリングで滑って足を痛めてしまうことがあります。なので、爪は最低でも一か月から一か月半に一回は、切ってあげる方がいいでしょう。

ワンちゃんが健康的な生活を送るためにも、爪や足回りのお手入れをしていってあげましょう。

 

豚コレラ

近頃騒がれていた「豚コレラ」について、ここで詳しく伝えたいと思います。

まず、「豚コレラ」とはどういったものなのか。

豚コレラとは「豚コレラウイルス」でありブタ、イノシシに感染し、ヒトには感染しない

ヒトが、豚コレラにかかったブタの肉を食べても感染しない。

感染豚は唾液、涙、糞尿中にウイルスを排泄し、感染豚や汚染物品等との接触等により感染が拡大していく。

法定伝染病(口蹄疫などと同じ)に指定され、病気にかかったもの、病気にかかった疑いのあるものは殺処分される。

殺処分される理由としては伝染力がかなり強いのと、致死率が高いことからほっとくと正常な豚が次々と亡くなっていってしまうので、

治療法のない豚コレラは発見次第殺処分される。

そして今回の大阪での発生は東大阪市の1養豚場のみで今のところ感染拡大はないようです。

なので一般で飼育されている豚に関しては特に感染の心配はいらないと思ってもらって大丈夫です。

 

以上「豚コレラ」についてでした。

                                                    獣医師 石鍋

 

1 2 3 50 »

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © きど動物病院ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.