• HOME »
  • ブログ »
  • その他

その他

グリーンイグアナについて

こんにちわ!看護師の熊野です。
暑さは少し残るものの、朝方、夜は過ごしやすくなりましたね。
台風が来ましたが、皆様のところは被害ありませんでしたか?
また、台風が来るかもしれないので気を付けてくださいね(>_<)

第三弾の動物は、グリーンイグアナについてお話します。

・グリーンイグアナってどんな動物?
→グリーンイグアナは、最大全長180センチメートルの大型トカゲです。
 生息地域は、熱帯雨林などのジメジメしたところを好み水辺の近くに暮らしています。
 水面に張り出した樹上にいることが多いため、泳ぎがうまく危険を感じると水に飛び込んで逃げると言われています。
 陸上で外敵に襲われると、かみついたり尾を打ちつけたりして応戦することもあります。
 陸上でも水中でも戦えるのは格好良いですね(^^
 そんな格好良いグリーンイグアナですが、食性はほぼ植物食でたまに昆虫などを食べる程度です。
 なので、ペットとして飼う場合はお野菜や果物で大丈夫ですが、それだけでは足りない栄養もあるのでイグアナ専用人工フードと一緒にあげてもらえればと思います。
 トカゲさんで気を付けないといけないのが、カルシウム・ビタミンの欠乏でう。サプリメントなので補給してあげましょう。
 ここで気を付けて欲しいのは、ほうれん草はカルシウムの吸収を妨げるため継続的に与えないように注意してください。動物性の食事は内臓に負担がかかります。リンゴなどの果物は種を除いてあげましょう。
 グリーンイグアナの不思議な変化は、子供の時と大人の時の体の色が違うところです。
 子どもの時の体の色は明緑色や青緑色で大人になると体の色は、灰褐色や赤褐色、黒褐色に変化していきます。
 鮮やかで綺麗な色をしている時は、まだまだ若いという証拠ですね(^^)
 グリーンイグアナを飼うときは、温室を用いる場合は威嚇などでガラスを尾で叩き割ることもあるため、アクリルなどの割れにくい素材で飼うのがお勧めです。トイレを覚えるほど賢いので、放し飼いが可能ですが低温に弱いため、複数の暖房器具を用いるかエアコンなどで温度調節をしてあげてください。
 乾燥にも弱く子供の頃や小さいイグアナは大きな水入れを設置し、大きいイグアナに対しては加湿器を設置したりこまめに霧吹きを行い湿度を上げましょう。
 紫外線要求量は高いので日光浴をさせたり紫外線照射量の高い照明器具を使うことをお勧めします。

私が爬虫類の中で一番好きなのが、グリーンイグアナです!
恐竜みたいで恐そうなイグアナさんですが、実は草食系なギャップにキュンってしちゃいますよね(^o^)
でも、一度怒ると手が付けれなくなるほど暴れちゃうので注意ですが、そんなイグアナさんはとっても頭がいいので飼い主さんの顔も覚えれるし、トイレも覚えることができるのです!

少しでもグリーンイグアナに興味をもってもらえたら嬉しいです!
お付き合いありがとうございました。

今回の震災に関してマイクロチップの有用性

今回H30年6月末に関西地方にて複数回の地震が起こり、様々な被害と不幸な事故が起こりました。

自分自身、仕事してからこの規模の震災を経験したことはなかったので、勉強させられることも多かったです。

私は震災時とその数日は出勤で、診察をしていましたが地震の影響による診察が数多く寄せられました。

その中でも多かったのが猫ちゃんの落下の事故が多かったです。

 

地震にびっくりして空いていた小窓から出てしまうことによって、怪我をするケースが見られました。

また外に出てしまったまま見つからないというケースもあり、捜索願のポスターを掲示させて欲しいと飼主さんが来院されました。

動物は人間と比べ天災に対する危機感が非常に高いので、思わず行動してしまった結果がこういったことにつながったのでしょう。

 

過去の大震災でも、迷子札や狂犬病鑑札をつけたり、マイクロチップを入れたりしている犬や猫は90%以上飼主のもとに連絡がいっていますが、

身分を証明するものを持っていない子は、犬で0.5%、猫はほぼ0%の確率で見つからないことが多いと実例が上がっている記事をみました。

 

犬は狂犬病の接種が国により義務づけられているので、多くの子が鑑札を保有しているのですが、猫ちゃんはそれがないのと、

さらに首輪を激しく嫌がる子もいるので迷子札を付けることもできないことがあります。

 

そのような子にはマイクロチップを接種することで、上記のような不幸な生き別れが少なくなるので、今回のことでより有用性を自身が感じるようになりました。

 

今回のことで強く啓蒙していなかったマイクロチップの接種も、飼い主さんにより情報としてお伝えすることができればと思いこの場をお借りしてお伝えさせていただきました。

 

自分のペットのことを一番知っているのは飼主さんです。もし地震を含めた天災を想定したとき、うちの子はもしかしたら…と感じるのであればマイクロチップも一つの手段として御一考いただくのも良いかもしれません。

獣医師 竹花

おやつのご紹介

新商品を入荷したのでご案内します!

ダイエット中のわんちゃんにも安心して与えることのできるおやつです!

代謝に重点を置き、体質自体を痩せやすいものに変えていこうというフード“メタボリックス”と同じ成分から作られたビスケットです!

その名もメタボリックスビスケット!

 

 

 

 

 

ひとつ7kcalとかなりカロリーは控えめです。

リバウンドに配慮した体重減量と体脂肪管理の食事療法のために成分を調整したおやつとしての特別療法食です。

去勢・避妊後の体重が気になる成犬さん達にもおすすめです!

 

中身を見てみると…

可愛らしい骨の形(^〇^)

 

 

 

 

ダイエットのおやつってはたして美味しいの?と思い、味見をしてみました

甘味のない麦芽クッキーのようなイメージでした^^

当院の受付に試供品を置いているで一度お試しください!

 

また、最近暑い日が続き運動量が減っているわんちゃん、ねこちゃんとても多いかと思います。

体重が気になる方、ダイエットをお考えの方は気軽に当院スタッフにお問い合わせください!全力でサポートさせていただきます!

 

 

動物看護師 角谷

 

皮膚炎に関して

 こんにちは。

皆さん大雨の影響は大丈夫でしたか?

今回は皮膚炎に関してご説明させていただきます。

動物病院での症例の中で一番多いのが皮膚炎です。

皮膚の表面は角質層と皮脂膜というもので覆われています。この2つがスキンバリアといわれ天然の保護膜を形成しています。角質層と皮脂膜が傷つきスキンバリアが崩れてしまうと皮膚炎を起こしてしまいます。

皆さんのところのワンちゃんはフケ、ベタつき、乾燥皮膚、毛並み、脱毛などに悩んでいませんか?

当院ではそんなワンちゃんのために皮膚を保護する、デルモセント 〜エッセンシャル〜  というサプリメントなども取り扱っております。

使用方法が簡単なスポットオンタイプです。

 

〈効能〉 

★スキンバリアの保持     

★フケ、皮脂、不快臭のコントロール:10種類のエッセンシャルの相乗効果

★毛並みを健やかに保持

★皮膚の保護:皮膚の潤いとバランスを整える

 

効果には個体差がございますが、ご相談だけでも承りますので、お気軽にお声がけください。

 

動物看護師 川浦

 

 

 

 

夏のお留守番について

こんにちは。トリマーの中口です。
梅雨も明け日に日に気温が
高くなってきましたね。
 
 
今回は夏の犬のお留守番について紹介します。
お散歩中のわんちゃんを見ると舌を出して
呼吸をしていることがあるかと思います。
これを”パンティング”と呼びますが
人なら汗をかくことで体温調節ができますが
わんちゃんは汗をかくことができないため
パンティングだけで体温調節をするため
わんちゃんとって体温調節は一苦労だと
わかると思います。
わんちゃんは他の動物に比べても
暑さに弱い動物です。
全身毛で覆われていて夏に毛皮のコートを
着ているようなものです。
わんちゃんの飼い主さんなら
一度は悩んだことがある夏の過ごし方の
お留守番について見ていきます。
 
 
⑴扇風機ではダメ!
わんちゃんにはクーラーが必要!
真夏の室内は放っておくと40℃を
越すことがあることをご存知ですか?
このような所で過ごしていると暑さに
弱いわんちゃんでなくとも熱中症に
かかってしまうためわんちゃんの
お留守番にはクーラーが必要といえます。
注意点は人感センサー付きエアコンを
使用している家庭です。
人感センサーはわんちゃんのように
小さい動物に反応するのは難しく
飼い主さんがエアコンをかけても
切れてしまうことがあります。
実際に人感センサー付きエアコンで
お留守番中のわんちゃんが熱中症を
引き起こし亡くなる事故もあります。
センサーは必ず解除してください。
 
そして、暑さ対策ならクーラーではなく
扇風機でいいのでは?と思う方も
多いと思います。
実は扇風機はあまり意味がありません。
あくまでも扇風機は被毛の中の
空気の入れ替えをしてくれるだけなので
クーラーと扇風機の併用で冷たい空気を
循環させることが最適です。
 
 
⑵クールマットなどひんやり用品を使用
わんちゃん自身、暑いと冷たい
フローリングで寝転んだり
庭の土を掘って冷たい土に寝そべる
工夫をします。
夏場にはクールマットなどの
ひんやり素材のペット用品がたくさん
販売されます。
熱中症にならないようにするためにも
ひんやりグッズを是非使って
あげてください。
 
 
⑶飲み水はたっぷりと
夏場のお留守番で忘れてはいけないのが
飲み水をたっぷりと用意してあげること。
給水ボトルではなくて器がいいです。
深めの器にたっぷり入れてこまめに
水を入れ替えるよう心がけてみて下さい。
長く留守番させなければならないときは
相応の水を用意しましょう。
わんちゃんの一日に最低限必要な飲み水の
計算方法ですが
「体重の0.75乗×132」で算出できます。
0.75乗というと難しいですが電卓を使うと
簡単です。
体重を3回かけて√(ルート)を2回押して
132かけた数字が必要水分量となります。
 
 
(例)体重5kgのわんちゃんであれば
5×5×5=125
125√√×132=441となるので
441ml前後が水分摂取量
ということです。
しかし、あくまでも目安なので
必ずこの量を飲まないと
いけないわけではありません。
しかし、体重に対しての量を
飲んでいれば水分不足になることは
ありませんし水分量が足りているか
基準が判断できます。
 
 
⑷まとめ
夏のわんちゃんのお留守番は
注意しなければ
いけないことがたくさんあります。
わんちゃんは想像以上に暑さに
弱いということを頭に置き
飼い主さん自身で大切な家族を
暑さから守ってあげてください。
そして、長時間のお留守番は
わんちゃんにとって
とても寂しくストレスになってしまいます。
なので、長時間のお留守番をさせないように
工夫してみるのもひとつかもしれません。
« 1 2 3 4 38 »

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © きど動物病院ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.