• HOME »
  • ブログ »
  • その他

その他

エキゾチックアニマルの変形性脊椎症

こんにちは。獣医師の竹花です。

ここ1年でエキゾチックアニマルで変形性脊椎症を強く疑う症例が数例来院されたので

この場を借りてご紹介させていただきます。

 

フェレットの永遠(とわ)ちゃんが、1年前から両後肢の効きが悪くなり、歩きはするが、踏み直る反応が弱く、

初期は少し反応が悪いかな?ぐらいだったのが経過を追っていくうちにどんどん後肢の反応が弱くなってきました。

本人は痛みはなく、排便・排尿もしてくれるのですが、

一度レントゲンにて明らかな異常が見られないか確認しました。

脊椎は横からレントゲンで見るとくびれのある長方形をしています。

右の3つの長方形のそれぞれの隙間と 右3・4つ目の隙間を比べてください。

後者に白く細長いものが挟まって、さらに長方形の下側が盛り上がっているのは分かりますか?

これらは全て骨棘と言われる骨の変化です。

実際はCT検査を行わないと確定診断には至りませんが、

高齢なこと、少しずつ変化が出てきたこと、脊椎間の腹側の特徴的な変化から

今回は変形性脊椎症と診断しました。

変形性脊椎症は脊椎関節部に骨の形成が行われ、基本的な症状は痛み・前屈姿勢などですが

骨の形成の状態によっては脊髄への圧迫がでることが知られています。

上記の図はデグーのチャコちゃんです。

後肢の効きが悪いで来院されました。 

痛みはないのですが、歩行が上手にできなくなりました。

レントゲン画像で左が頭部・右が尻尾側・上が背中側となります。

その背中側中心部の脊椎部分の骨と骨が白くくっついています。

同じく確定診断にはMRIをとらないと分からないのですが、上記の永遠ちゃんと比べても

変形が著しく、臨床所見上、変形性脊椎症と判断しました。

このようにエキゾチックアニマルでも脊椎の変形が多く見られ、場合により生活に支障を来すこともあるので

高齢の場合、注意が必要でしょう。

ストレスと下痢の関係性

新年明けましておめでとうございます!

 

私は今年で働き始めて3年目の年明けになりますが、毎年感じていることがあります。

 

年末年始の休暇中や休暇明けに下痢で来院されるわんちゃん、猫ちゃんが多い!ということです。

 

年末年始にペットさんが下痢をしてしまった、、、

経験された方も少なくないのではないでしょうか!

 

年末年始のいつもと違うバタバタした雰囲気があったり、親戚の集まりなどで初対面の人と会う機会も増えるかと思います。これは動物さんたちにとっては不安だったり落ち着かなかったりと、ストレスにつながっている可能性がありますφ(・_・

ストレスは下痢の原因の1つなのです!

 

今回はストレスと下痢の関係についてお話ししたいと思います。

 

ストレスがかかると、自律神経に影響を及ぼします。自律神経はその名の通り、自分の意思とは関係なく働く神経で命の維持に関係する部分をコントロールしています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、ストレスがかかり交感神経系が過度に緊張してしまうと腸の動きを抑制し「便秘」になります。

副交感神経系が過度に緊張すると腸の動きを促進し下痢になってしまいます。

 

 

このような仕組みがあり、下痢をしてしまうのです。

 

 

ストレスから下痢をしてしまったとき、どのように対処しますか?(゚ω゚)

 

ストレスの原因を取り除くことが大切です。

そして腸に刺激を与えないようにしましょう!

 

こ腸を刺激するような食事は避けましょう。

  • 脂肪の多いもの
  • 繊維の多いもの
  • 冷たい水
  • 食事量が多い
  • 消化に悪いもの

上記のものはなるべく避けるようにすると良いでしょう。

また、1回に食べる量が多いと腸に刺激を与えますので、1日に必要な食事量を2回ではなく3~4回に分けるのもよいでしょう。
冷たい水は刺激になります。できればぬるま湯を少しずつ飲ませるようにしましょう。

 

 

これで徐々に落ち着く事もありますが、そうでない事もあります。悪化する事もあるかもしれません。

 

そのような時は病院にご相談くださいね!

 

看護師 角谷

 

 

 

 

 

植物に気をつけて!

皆さん!もうすぐクリスマスです!ツリーの飾り付けやパーティー、サンタさんからのプレゼントなど楽しみですね。私の家はツリーはありませんが、先日友人からポインセチアを頂き、部屋に飾っています。クリスマスを象徴する植物で、この時期花屋さんでよく見かけますね。

 

とても鮮やかで可愛いポインセチアですが、動物さんには要注意な植物だとご存知でしたか⁈

 

実は葉と樹液には毒があり、食べると、口の周りの炎症、下痢、嘔吐、切り口から出る樹液に触れると皮膚炎を起こします。
少量であれば命を落とすことは稀ですが、油断は禁物です!小型犬のような体の小さな子に対しては特に注意しましょう。

 

今回は動物さんたちとって身近にある要注意な植物を少し紹介していきます。

 

①ユリ科の植物全般

(ユリ、チューリップ、スズラン)

非常に毒性の強い植物で、腎臓に対して不可逆なダメージを与えてしまいます。『不可逆的な』とは治療しても元に戻らないということです。恐ろしいですね…

花や茎、花粉だけでなく、生けていた水を飲んでも同じ症状が出ると報告されているのでご注意ください。

 

②紫陽花

一般的には根、蕾、葉に中毒物質が含まれていると言われています。紫陽花の種類によっては中毒物質が含まれていないものもあると言われていますが、その中毒の成分は未だ明らかになっていません。食べてしまうと、ふらつきや興奮、過呼吸、嘔吐、痙攣、麻痺などのさまざまな症状が見られます。特にワンちゃんは散歩などで地面を掘って根を食べてしまうことがあるので注意してくださいね。

 

③パンジー

フリルのようで可愛らしいカラフルな花を咲かせてくれるパンジー。私の実家でもたくさん花を咲かせてくれていました。そんな可愛い見た目とは裏腹に、神経麻痺、心臓麻痺を引き起こす可能性があります。

 

④ツツジ

すべての部位に中毒成分が含まれています。グラヤノトキシンという成分により、筋力低下、嘔吐、下痢、視力障害、けいれん、昏睡などの症状を引き起こしてしまいます。

 

まだまだ気をつけないといけない植物は沢山あります。ユリは有名ですが、パンジーやツツジなどは知らない方も多かったのではないでしょうか?

花は置くだけで部屋の雰囲気をガラッと変えるだけでなく、人の心も癒してくれますが、飾る時は少し動物さんたちのことも気をつけてくださいね!

 

動物看護師 川浦

 

プードルのカットバリエーション

こんにちは、トリマーの中口です。

 
今回はプードルについて
お話させていただきます。
 
 
柔らかい被毛が魅力のトイプードル。

カットレパートリーの多いトイプードル。
毛色の種類が多いトイプードル。

そんなトイプードルと生活する
楽しみのひとつといえば
トリミングではないでしょうか?
そこで、いくつかのカットスタイルを
ご紹介します。
 
 
 
(1)ラムカット
 
 
 
 
 
 
 
 
顔をバリカンで刈ることでトイプードル特有の
目やに汚れや涙やけなど目の周りのお手入れは
楽になります。
 
 
(2)ピーナッツカット

 
 
 
 
 
 
 
目元もすっきりなカットスタイル。
耳はあごの長さでカットして幼く見えるように
カットしています。
このカットの特徴といえば顔とマズルの丸さ。
顔全体を丸く作ることで幼く見える可愛さを
表現できます。
 
 
(3)テディベアカット
 
 
 
 
 
 
 
 
マズルも顔も全て丸く作ることで
テディベア=熊のぬいぐるみの様に
愛らしく可愛い形になります。
 
 
 
(4)アフロカット
 
 
 
 
 
 
 
 
写真を見てわかるように
耳と頭を繋げています。
繋げることによってふんわりと作れます。
形をキープするためには毎月のトリミングと
外耳炎を防ぐために定期的に耳掃除することを
オススメします。
 
 
(5)ブーツカット
 
 
 
 
 
 
 
 
ブーツカットとは
足の付け根~真ん中までを短めにカットし
足の先はほとんど整えるだけにすることで
裾広がりの足の形になります。
ブーツカットにすることで可愛く
オシャレになりますが
こまめにブラッシングしないと
縺れてしまいます。
定期的にブラッシングや
トリミングすることを
オススメします。
 
 
その他にもトイプードルはたくさんの
カットバリエーションがあります。
 
当院でのトリミングの際にご希望の
カットがある方は画像や雑誌の
切り抜きなどの写真をお持ち下さい。
 

目のチェックもしましょう

今回紹介する機械は眼圧計です。
このタイプは角膜に直接、機械的に棒をトントンとあてて眼圧を測定します。
大人しい子だと約1分で検査は終了します。
ヒトの場合だと目の前に棒があると反射的に目をつぶってしまいますが比較的受け入れてくれる子が多い印象です。

眼圧を測定する目的のひとつに緑内障の早期発見があります。緑内障とは眼圧が上昇する病気で失明にも至る緊急疾患です。症状は程度により様々で、ひどくなると眼球が拡大してきます。圧力などの力というものは目に見えないので眼圧の軽度な上昇は肉眼的に変化をとらえることができません。そこで活躍するのが眼圧計なのです。

明らかな目の異常が見られた際は早急に眼科専門医に診てもらいましょう。

獣医師 駒田

« 1 2 3 39 »

カテゴリー

アーカイブ

Copyright © きど動物病院ブログ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.